永代供養墓の選び方

永代供養のお墓をエリアで検索

 

永代供養墓の選び方

当サイトでは関西エリアにある「永代供養のお墓」の紹介をしてまいりました。永代供養のお墓には、ご納骨の方法や場所により大きく分けて4種類ございます。それぞれの特徴をタイプ別にならべてみました。これから新しく墓所を確保される方々のお墓選びの参考にしてください。

永代供養墓種類

  • もともとは墓石を建立するタイプを永代供養墓といいました。この数年の間に「合同墓(納骨堂)」「樹木葬」も、世間では永代供養墓として認知されました。また「お墓のマンション」と呼ばれてきた室内墓地も永代供養墓の一つとして加わりました。都市部では比較的「合同墓」や「室内墓地」が多く、郊外にある公園墓地には樹木葬や墓石タイプの永代供養墓が多い傾向にあります。一般的なお墓に比べ生前に予約(確保)される方が多いのが永代供養墓の特徴です。一昔前は、個人墓や夫婦墓の募集が大半でしたが、少子化の時代に対応した「先々も代々使用可能な永代供養墓」も登場しています。

永代供養墓(墓石タイプ)

  • 各家ごとに墓石を建立し、宗派を問わない募集の墓地や条件を設けての募集など墓地によって違います。永代管理の採用で維持費は不要な墓地が多い。お墓の使用期限については無期限のところもありますが、あらかじめ使用期限を定め期限満了時に合祀するところもございます。有期限な墓地では期限満了時に必要な墓石撤去費用を前納しておく場合が多く「墓じまい」の心配はありません。お位牌(またはプレート)のような小さめの墓碑が並ぶ集合墓も永代供養墓の仲間です。

樹木葬

  • 都市型樹木葬には、広い敷地中央の主木の周りに土を掘って埋葬するタイプや、花壇のように区切った墓地内にプレート型の墓碑を設置するタイプなど、比較的明るい印象の墓地が多い。埋葬できる人数や、使用の期限などは墓地により様々ですので申込時に十分な確認が必要です。

室内墓地

  • 登場した頃はお墓のマンションと呼ばれて抵抗感を持つ人もおられました。室内墓地は都市部に多いため駅からも近く、新しくできた施設のほとんどがバリヤフリーになっていて人気が急上昇しています。霊園にもよりますが、建物内のご本尊様に毎日読経しているところが多いです。納骨壇と呼ばれる各家ごとの個別のお墓では、上部がお仏壇になっていてお位牌を安置できるようになっています。納骨スペースの都合から骨壺の大きさや数には制約があります。

合同墓・納骨堂

  • 他の方々と一緒に埋葬するお墓です。宗派を問わずに募集しているところが大半です。以前は、屋外に建つものを合同墓、屋内に埋葬するタイプを納骨堂と区別していましたが、区別すること自体に大きな意味がなく、最近では混同して呼ばれています。定期的に合同法要をしている墓地が多いです。一度埋葬した遺骨は返還できません。

 

  • 永代供養お墓検索

希少いつまでも残る永代供養墓4選

  • 東福寺塔頭霊源院
    東福寺駅より徒歩5分
    京都市東山区本町15丁目791
    京都駅からも近い。宗派不問・維持費不要・人数制限なくご納骨。墓石が朽ちるまで撤去なし。
  • 本法寺塔頭尊陽院
  • 堀川通り沿いアクセス良好
    京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町650-3
    日蓮宗京都本山「本法寺」宗派不問・維持費不要。墓石が朽ちるまで撤去なし。人数制限なくご納骨。

  • 大本山黄檗宗塔頭宝善院
  • 京阪黄檗駅から徒歩3分
    京都府宇治市五ヶ庄三番割34-3
    万福寺西側のアットホームなお寺。宗派不問・維持費不要。墓石が朽ちるまで撤去なし。人数制限なくご納骨。

  • 延暦寺大霊園
  • 琵琶湖を臨む大霊園
    滋賀県大津市伊香立上龍華町703
    南向きの広大な霊園。維持費不要、宗派不問、個人用・夫婦用・家族用など様々なタイプがございます。

そもそも永代供養墓とは?

  • 永代供養墓では、納骨された方の供養を定期的に継続して行います。最近では永代供養が行われるお墓を全て永代供養墓と呼んでいます。しかし本来の永代供養墓は、永代管理が規程された、いつまでも墓じまいされずに永代供養が続くお墓をいいました。昨今では、一定期間だけ維持を保証したお墓も永代供養墓として募集をしています。

永代管理について

従来型お墓の問題点

従来のお墓は、毎年(または数年ごと)に墓地管理料をおさめることで、お墓の維持が約束されてきました。なかには昔からある墓地で管理料の徴収がないところもございますが、大半の霊園や寺院では管理料の納付を墓地使用者(名義人)に義務付けています。絶家などの理由で墓地使用者が亡くなった以降に承継手続き(名義変更)が行われなかった場合には、墓地管理料の未納が発生してしまいます。各霊園では管理料が未納になった際に、墓地使用権を抹消する罰則が規程されています。墓地使用権が抹消されてしまいますと墓じまいを余儀なくされてしまいます。

絶家する方のお墓を維持する「永代管理」

永代管理とは、毎年納める管理料を先々の分までまとめて前納する取り決めのことをいいます。墓地管理料を前納することで、未納による使用権の消滅を防ぐことができます。永続的なご供養には、お墓が維持されることが不可欠です。永代供養と永代管理を兼ね備えたお墓を永代供養墓と呼びます。永代管理は全ての墓地で受付をしているわけではございませんが、永代管理の受付をしている霊園は、少子化の時代にとても心強い存在です。

永代供養のQ&A

Q.永代供養は、後々の費用は一切不要?
  • 永代供養は「亡き方を永続的に供養する」という意味です。後々の費用を免除するという意味ではありません。よく似た言葉に永代管理があります。永代管理は先々の維持費(管理料)を前納することをいいます。

Q.永代供養を申込むと後の法事は寺が一切やってくれる?
  • 物故者の法事や供養は、あくまで残されたご家族が中心になって進めていただく必要があります。お墓参りや法事の依頼などは通常のお墓と何も変わりません。通常のお墓の場合も、法事をする人、法事をしない人がおられるように、残された家族の意思で行っています。永代供養を申込みますと、お墓参りされる方がいなくなっても、引き続き約束された時期には粛々とお経を唱えてくださいます。

さらに絞り込む

京都府
大阪府
兵庫県
その他