墓地・永代供養墓・樹木葬エリア別検索

大阪市内墓地・永代供養墓・樹木葬・合祀墓費用一覧

大阪市内にある墓地・永代供養墓・樹木葬・合祀墓の所在地、費用、特徴を紹介

エリア別 霊園・墓地を検索

  • 蓮如上人命名の浄土真宗寺院

    定専坊の合祀墓|東淀川区

    大阪市内の由緒ある寺院の合同墓。永代供養のご納骨を受付中。
    所在地
    大阪府大阪市東淀川区豊里6-14-25
    参考費用
    合同墓 55,000円
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 納骨堂 駅近
  • 明るく清潔感のある屋内墓所

    定専坊の室内霊園|東淀川区

    大阪市内の浄土真宗寺院の室内霊園。宗派を問わず永代供養。
    所在地
    大阪市東淀川区豊里6-14-25
    参考費用
    納骨壇 22万円より
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 室内霊園 駅近
  • 浄教寺室内墓苑|旭区

    お参り至便な永代供養の納骨壇
    所在地
    大阪府大阪市旭区新森4-8-15
    参考費用
    納骨壇 60万円など
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 室内霊園 駅近
  • 森小路霊苑

    大阪市が管理する安心の公営墓地
    所在地
    大阪府大阪市旭区大宮4丁目18
    参考費用
    墓地の形態
    公営墓地
  • 富光寺墓地永代供養さくら樹木葬|淀川区

    大阪市内の宗派を問わない永代供養さくら樹木葬
    所在地
    大阪府大阪市淀川区加島4丁目10-8
    参考費用
    個別納骨 33万円など
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 樹木葬 駅近
  • 正福寺の室内墓地|淀川区

    ご納骨壇と永代供養
    所在地
    大阪市淀川区三国本町3-20-29
    参考費用
    25万円より
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 室内霊園 駅近
  • 西栄寺納骨堂 「泰心堂」西淀川区

    駅より徒歩2分で墓参至便なお寺
    所在地
    大阪市西淀川区御幣島1-6-17
    参考費用
    合祀納骨 3万円より
    墓地の形態
    寺院墓地
    永代供養 室内霊園 駅近
  • 大阪市設「佃霊園」西淀川区

    地元墓地管理委員会が管理する安心の公営墓地
    所在地
    大阪府大阪市西淀川区佃3-19
    参考費用
    墓地 30万円より
    墓地の形態
    公営墓地
    駅近
  • 東今里墓地|東成区

    大阪市内にある希少な自治会墓地
    所在地
    大阪市東成区東中本2-12
    参考費用
    墓地 40万円より
    墓地の形態
    公営墓地

大阪市内の人気のお墓

当サイトで資料請求の多い霊園や墓地
  • 大阪市内の街中には、寺院墓地が沢山あります。寺院の境内には、墓石を建立する一般的な墓地の他に、合同で埋葬する合祀墓や室内墓地があり、少数ですが浄国寺霊園のような都市型樹木葬墓地もございます。

  • 利便性も考慮した永代供養の室内墓地が人気

  • 街中にお墓を求める人の多くは、第一に利便性を考慮したお墓選びをされています。最寄駅から近い寺院が人気があり、浄土真宗寺院の定専坊室内墓苑浄教寺室内墓苑海泉寺室内墓地は、駅近の有利性から地元以外にお住いの方からも人気の室内墓地です。中でも、観音寺室内墓地は葬儀ホールや法事室などもあり、法事や納骨の後の食事まですべてこの建物内で行っていただくことができます。室内墓地では、バリアフリーに配慮した施設が多く、維持費不要や永代供養のお墓が多いのも魅力です。

  • 安定した人気の合祀墓

  • 少子高齢化の時代を迎え、以前に比べて先々の安心や利便性を求める方が増えてまいりました。東淀川区の定専坊合祀墓、西区にある九島院合祀墓、港区にある上行寺「やすらぎ」等、大阪市内には沢山の合祀墓がございます。中でも多くの寺院があつまる天王寺区には、増福寺合祀墓齢延寺の集合墓など宗派を問わず納骨の受付をしています。

霊園と寺院墓地

霊園と寺院墓地の特徴
  • 霊園
  • 霊園の多くは宗教や宗派を問わず受付をしています。一般的な霊園内では敷地内にお寺がなく、園内にある管理事務所が運営の全般をしています。大阪市内には郊外にある公園墓地のような霊園は少ないのですが、生玉霊園浄春寺夕陽苑夕陽ヶ丘浄苑などの境内地を広く持つ寺院では霊園のような環境を整えて墓地の新規受付をしています。そのほかに公営の霊園などもございます。

  • 寺院境内墓地
  • 最近では、寺院内での法事以外は宗派不問の条件で墓地使用者の受付をしている寺院もあります。昌林寺墓地妙中寺墓地浄国寺霊園梅松院墓苑顯祥寺霊園九島院墓地上行寺墓地などでは、仏教徒の方でしたら宗派を問わず墓地の受付をしていただけます。ただし、寺院や墓地内での法事などは、墓地のある寺院のご住職がそちらの宗派の法式で行われます。

お墓を建てる

墓地の確保~墓石を建てる~墓地の維持の手順など
  • 墓地の確保について
  • 霊園や寺院の境内にある墓地に、墓石を建ててご遺骨を納骨いたします。一般に墓地を確保する際には、墓地運営者に「墓地使用許可申請」を提出します。墓地使用料や管理料等を納めると、墓地永代使用許可証(墓地により名称は異なります)が発行されて使用許可を受けます。墓地は不動産と違い個人の資産ではありません。

  • 墓石工事について
  • 墓地使用の許可を受けますと、墓石の打ち合わせを石材店と行います。墓地によっては指定する石材店以外での墓石工事を認めていない場合もございます。

  • お墓の維持について
  • 多くの墓地では、墓地の維持に必要な管理料(会費など名称は様々)を、墓地名義人より徴収しています。墓地によって墓地申請時に一括前納するところや、毎年(または数年分)を徴収しているところなど、納付方法は様々です。少子化の時代を迎えるにあたらり絶家するお墓の救済として永代管理を採用している墓地もございます。

  • 永代管理とは
  • あらかじめ定めた期間分(数十年単位)の管理料をまとめて前納し、先々に墓地の承継(名義変更)がされない場合でも、お約束の期日までお墓を残す取り組みです。すべての墓地で永代管理の受付をしていません。先々に不安を感じる人は、墓地使用許可申請前に確認をする必要がございます。

お墓の種類

お墓を種類別に紹介
  • 一般的なお墓
  • 墓地に墓石を建立する従来型のお墓です。核家族化や少子化での跡取り問題で従来型のお墓の維持が難しい時代になってきました。

  • 永代供養墓

  • 永代供養墓とは、各家個別に建立した墓石に納骨された方々の定期的なご供養を継続しておこなうお墓です。「永代管理」を採用しているお墓は、後々の維持費が不要(有期限もあり)のため管理料未納による墓石撤去の心配がありません。永代供養墓は、少子化の時代も安心して建てていただけるお墓として注目を集めています。永代管理では管理料の支払い時期に左右されずに定額のため生前予約の方から多くのの支持を受けています。

  • 樹木葬墓地
  • 本来の樹木葬は山林に納骨するスタイルでした。その不便さなどを解消するため樹木葬専用区画を設けた都市型樹木葬が公園墓地などで生まれました。本来の樹木葬は、納骨した場所に植樹をして墓碑の代わりにしました。都市型樹木葬では、浄国寺霊園などで墓所の周辺に花々を植えた樹木葬を採用しています。その他には、区画の中央にシンボルツリーとして植えられた木の周りに納骨する方法の樹木葬もございます。樹木葬墓地の多くは永代供養をしています。

  • 室内墓地
  • 室内墓地には、各家ごとの納骨スペースとしてお仏壇のような形状の納骨壇が設置されている場合やロッカータイプなどがあります。骨壺のまま納骨しますので遺骨が土に還ることはありません。新しい施設ではバリヤフリーが採用されていて、高齢者も安心してお参りできるよう配慮されています。海泉寺観音寺などの室内墓地は天候に左右されずにお墓参りができます。お墓の維持費は不要や永代供養のところが多く、大阪市内にはこのような室内墓地が沢山あります。

  • 合祀墓・納骨堂
  • 供養塔内に合葬するものを合祀墓・合同墓と呼びます。合祀墓は寺院の境内に建てられている場合が多く、各寺院ではご住職により定期的な供養が行われています。大型の納骨室内に、他の方々と一緒に納骨(合葬)しますので、先々に遺骨の返還はできません。合祀墓では維持費不要のところが大半ですので子孫への経済的な負担は軽減されます。大阪には、定専坊増福寺上行寺九島院など他にも多くの寺院にございます。

墓地の確保~ご納骨までの流れ

墓地の確保

  • まずは墓地を見学し希望する場所を選んでいただきます。

  • ご見学の際には、すでに建立されている墓石を参考に、希望の墓地面積を決めるとよいでしょう。

  • 希望する墓地がございましたら、墓地管理者が指定する申請方法で墓地の申込をしてください。

墓石工事

  • 墓地の広さにあった墓石を選ぶ必要がありますので、現地に建てられた墓石を拝見することで参考になります。

  • お墓は、使用する石材の種類・墓石の大きさ・加工の難易度・彫刻する文字の内容・付属品の有無などにより価格が決まります。

  • 同じデザインのお墓でも、使用する石材の種類により価格が大きく変わる場合があります。

  • 墓石店独自で保証制度を設けている場合もありますので、建墓実績数があり保証制度がしっかりしている墓石店を選ぶと安心です。

ご納骨

  • 墓石を新築された方は、開眼(かいげん)法要を行いますが、最近では納骨式当日に勤めるケースが増えています。

  • お墓が完成いたしますと石材店より開眼法要や納骨式に関する詳しい説明があります。

  • 石材店から大まかな流れや準備する物等の説明を受けてください。

  • まずは納骨式に参加予定の家族や親族の都合を確認します。

  • 希望日が決まりましたら、仏教徒の方はお寺に連絡をして、ご住職の都合を打ち合わせしてください。

  • 予定日が決まりましたら、墓地管理者に日時の連絡をし手続きについて確認を致します。

  • ご納骨式の当日は石材店がお手伝いをしますので、ご住職の指示や石材店からのアドバイスをお聞きいただければ大丈夫です。

  • ご納骨の際には、埋葬許可証(火葬証明証)を墓地管理者に提出する必要がございます。

  • 埋葬許可証は火葬後に斎場で受け取る書類です。大半の場合はお骨の箱の中に入っています。

お墓の豆知識

お墓の掃除

お墓参りの際には墓石の掃除が欠かせません。

お墓参りになれている方はお伝えするまでもありませんが、初めてお参りをされる方の為にお墓の掃除方法をまとめてみました。

是非参考にして下さい。

お墓掃除に役立つ道具をまとめてみました

  1. 軍手などの手袋

  2. ゴミ袋

  3. スポンジ

  4. ブラシや歯ブラシ

  5. 割り箸

  6. タオル

軍手などの手袋とゴミ袋

  • 墓地の面積にもよりますが、墓地の中やお墓の前の通路などには雑草が生えてきます。

  • 除草の際にゴミ袋を持参していただきますと除草作業がはかどります。

  • また、風で飛んできた落ち葉やゴミが溜っている事もあります。

  • 小さくても構いませんのでゴミ袋があれば便利です。

スポンジ

  • ほとんどの霊園には、水道や貸バケツと柄杓があると思いますが、無ければ水やバケツなどを用意します。

  • 墓石に水を掛けて、一通りスポンジで擦って汚れを落とします。

  • この後で、ブラシで擦ったり文字の中を掃除しますので、まだキレイに洗い流さなくても大丈夫です。

ブラシ(タワシのようなもの)

  • スポンジでは取れにくいこびり着いた汚れや、石の接合部分の角などをブラシで擦って汚れを落とします。

  • 巻石(境界石)と境界石の階段部分や、墓石の前の踏み石の掃除にはブラシがあると便利です。(お墓の構造によっては階段や踏み石がない場合があります)

歯ブラシ・割り箸

  • 〇〇家之墓などの正面文字で、文字幅の広い所は歯ブラシで擦って汚れやコケを落とします。

  • ※文字幅の狭い所に歯ブラシを突っ込みますと石が折れてしまいますので、幅の狭い箇所には歯ブラシを絶対に使わないでください。

  • 正面文字の狭い箇所や、戒名などの小さな文字の中は、割り箸の先で擦ります。

  • 割り箸は一般的な木製の物を使用し、竹の割り箸は使えません。

  • 割り箸は、先を鉛筆削りのようにコンクリートに擦りつけて太さを調整しながら使うと便利です。

  • また、石と石の間のスポンジやブラシが入らない部分も割り箸を使って掃除します。

タオル

  • よく水で流し、汚れが乾いたところはスポンジを使って流します。

  • 汚れを水で流した後に、タオルで拭き上げましたら掃除は完了です。

役立つお墓のコラム紹介

改葬

改葬

 

既に埋葬された遺骨を別のお墓等の埋葬施設に移す場合の手順を紹介しています。

改葬の解説ページ

墓じまいの解説

墓じまい

 

核家族化の時代を迎え、郷里にお墓だけが残っているという方が増えてきました。

墓じまいの解説ページ

永代供養墓の解説

永代供養墓

 

少子化の時代を迎え、家族と寺院が協力し合う新しいルールのお墓が誕生しました。

永代供養墓の解説ページ

ピンポイントエリア検索

京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
滋賀県
和歌山県
三重県
愛知県