墓地・永代供養墓・樹木葬

兵庫県三木市霊園・墓地・永代供養墓費用一覧

兵庫県三木市にある霊園・墓地の所在地、費用、特徴を紹介

エリア別 霊園・墓地を検索

  • 三木霊苑の永代供養墓

    永代供養付きデザイン墓新規開放中。夫婦・家族用の永代供養プレート墓も受付中。
    所在地
    兵庫県三木市志染町三津田字西谷山
    参考費用
    永代供養墓 277,000円より
    墓地の形態
    公園墓地
  • 吉川龍恩寺霊園

    中国自動車道 吉川 ICすぐ
    所在地
    兵庫県三木市吉川町大沢26
    参考費用
    墓地の形態
    公園墓地

墓地・お墓の種類

  • 墓地の種類

  • 霊園・公園墓地

  • 霊園や公園墓地の多くは、宗教や宗派を問わず受付をしています。寺院墓地と比較して広い墓地もございます。洋型墓石やデザイン墓石を希望する人におすすめの墓地環境です。

  • 寺院墓地

  • 寺院内での法事以外は宗派不問の条件(墓檀家)で受付の寺院もございます。霊園に比べると永代供養墓の受付をしているところが多く、寺とご縁のなかった人には、安心して仏事の相談をしていただける存在になります。

  • 自治会墓地

  • 墓地のある地元自治会が管理をしている墓地を自治会墓地や共同墓地と呼んでいます。住宅街の中にある自治会墓地では、町内会に住む地元住民のための墓地が多いですが、近隣エリアの自治会の方も、墓地を使用できる場合もあります。地元自治会の方々が墓地内の草刈りや清掃を定期的に行いながら管理をしている場合が多いようです。

  • お墓の種類

  • 一般墓

  • 墓地の使用者が、定期的に管理料を納める等をしながらお墓の維持を行うタイプの従来からあるお墓を、当サイトでは一般墓と呼んでいます。使用の許可を受けた墓地に、使用者が石材店から購入した墓石を建てて納骨をします。墓地使用者がお亡くなりになった場合は家族が承継(名義変更)をして、新たな使用者が継続して管理料を納めます。墓地の承継手続きが行われなかったり、管理料を長期したりした場合は、墓地使用権は消滅しますので注意が必要です。最近では、少子化に対応した永代管理を採用する霊園もございます。永代管理では、先々の管理料を前納することで、無期限または長期の有期限お墓は撤去されずに残すことが出来ます。

  • 永代供養墓

  • 定期的なご供養が継続しておこなわれるお墓を永代供養墓と呼びます。本来は、一般墓と同じく墓石を建てて、家族ごとに納骨できるお墓を永代供養墓といいます。維持費が不要の永代管理のお墓は、少子化の時代も安心して建てていただけるお墓として注目を集めています。永代管理では毎年の管理料納付がないため、お墓を生前予約の方からも支持されています。

  • 樹木葬

  • もともとは、山林に埋葬をして植樹を行う樹林葬を樹木葬と呼んでいました。最近では、霊園や寺院の境内の一角に樹木葬専用区画を設けた都市型樹木葬が人気です。樹林葬に比べて交通至便で、従来のお墓のようなお参りのしやすさが人気の理由といえます。

  • 合祀墓

  • 合祀墓は、寺院等の境内に多く建てられています。境内に墓地を持つ寺院では、絶家する檀信徒のお墓に納骨されているご遺骨を合葬するために建てられた場合が多く、一般からの納骨の受付については確認をする必要があります。他の方々と同じ納骨室に埋葬されます。埋葬後は各遺骨を区別できないことから、後々に遺骨の返還には応じていただけません。

  • 室内墓地

  • 寺院の本堂や建物内に、墓石の代わりに納骨壇を並べるスタイルの施設を室内墓地といいます。施設によっては屋内墓地や堂内墓地と表記をしていますが基本的には同じです。各お墓は、お仏壇のような形やロッカーのような形状など、施設により異なりますが、骨壺のままで個別に納骨がされます。ただし、室内に合祀墓があるところでは、合祀の納骨も受付けています。永代供養の施設が多いですが、永代管理を採用している所や定期的な管理料の納付を義務付けているところなど、施設によって使用の規程は異なります。街中にある施設が多く交通アクセスの良い室内墓地が人気です。

永代供養墓 樹木葬 墓地 エリアで検索

京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
滋賀県
和歌山県
三重県
愛知県